さよなら、退屈なレオニー

上映中

字幕

DCP

上映期間: 7月19日(金)まで

上映時間: 1時間36分


(C)CORPORATION ACPAV INC. 2018

みんなが感じた、あの青春をもう一度

カナダ・ケベックの海辺の街で暮らしている17歳の少女レオニーは、退屈な毎日にイライラしていた。高校卒業が迫り、母親は口うるさく、その再婚相手のことが大嫌いで仕方なかった。そんな時、ダイナーで年上のミュージシャンに出会う。街になじまない雰囲気の彼に興味を持った彼女は、ギターを習うことになる。そこから、どこかフワフワしていた彼女の青春が変わり始めていく…

2018年にカナダでスマッシュヒットした今作の監督は、新鋭のセバスチャン・ピロット。前作の『The Dismantling』(13)は、カンヌ国際映画祭〈SACD賞〉や、トロント国際映画祭〈国際映画批評家連盟賞〉を受賞するなど、カナダ映画界で大注目の監督である。レオニーを演じるのは、2015年のトロント国際映画祭で「未来を担うひとり」に選ばれ、2018年東京国際映画祭で原題『蛍はいなくなった』が上映され、〈ジェムストーン賞〉を受賞するなど、すでに日本のファンを魅了している。さらに、「アーケード・ファイア」や「RUSH」など、カナダを代表する人気バンドらの曲が、若者の葛藤、また大人たちへささやかな勇気を与えてくれる。皆様が一度は経験した青春を、再び感じさせてくれる傑作が誕生した!

こんな青春じゃ終われない。映画を見て、新しい青春を始めよう!


映画名

さよなら、退屈なレオニー

上映期間

7月19日(金)まで

上映時間

1時間36分

公式サイト

http://sayonara-leonie.com/

配給

ブロードメディア・スタジオ

製作年/製作国

2018年/カナダ

関連ニュース