存在のない子供たち

上映中

字幕

DCP

上映期間: 8月29日(木)まで(予定)

上映時間: 2時間5分


(C)2018MoozFilms

僕はなぜ生まれたの?人間の存在について訴える作品!

ゼインは、自分を産んだことに対する罪として、両親を訴えた。わずか、12歳で起こした裁判だった。出生届を出さなかったため、彼はこの世に存在していない。朝から晩まで働かされ、学校にも行けないゼインだったが、愛する妹のために必死で生きてきた。しかし、その妹が強制的に年上の男性と結婚させられてしまう。怒りと悲しみから、家を飛び出した先で、不法移民の家族に出会う。そこから見つめる過酷な現実と少年の未来の在り方とは...

監督・脚本・出演は、『キャラメル』のナディーン・ラバキー。主演は、実際の名前で演技をしているゼイン・アル=ラフィーア。本作は、第71回カンヌ国際映画祭でコンペティション部門審査委員賞、エキュメニカル審査委員賞を受賞したほか、第76回ゴールデングローブ賞外国語映画賞ノミネート、第91回アカデミー賞外国語映画賞ノミネートされている。「圧倒される覚悟が必要」や「感情に強く訴える作品」などと、絶賛の波が押し寄せている。弱いものを守りたいという強い愛情を描いた感動のドラマを、是非劇場でご覧ください。ご来館をお待ちしております。

武蔵野館は、皆様の心の中にいつも存在していますよ(^^)


映画名

存在のない子供たち

上映期間

8月29日(木)まで(予定)

上映時間

2時間5分

公式サイト

sonzai-movie.jp/

配給

キノフィルムズ

製作年/製作国

2018年/レバノン