火口のふたり

上映中

R-18

DCP

上映期間: 【ご好評につき延長決定!】10月24日(木)まで

上映時間: 1時間55分


(C)2019「火口のふたり」製作委員会

身体の言い分に身をゆだねる、男と女の儚き情事

直木賞作家・白石一文氏の原作が初の映画化。
監督にはキネマ旬報脚本賞に5度輝き、数々の作品で男と女とエロティシズムを表現してきた脚本家、荒井晴彦。主演のふたりを務めるのは今や数々の話題作に出演し、唯一無二の存在感を放つ実力派俳優、柄本佑と、『彼女の人生は間違いじゃない』での熱演が注目され、艶やかな魅力と誰もが認める演技力で活躍の場を広げている瀧内公美。過去の感情に囚われ心揺れる登場人物の感情を繊細かつ大胆に表現している。

結婚式を直前に控えた直子は、故郷の秋田に帰省した昔の恋人、賢治と久しぶりに再会する。新しい結婚生活の準備のため荷物を片付けていた直子は、その中から1冊のアルバムを取り出す。

そこには付き合っていた頃の一糸纏わぬふたりの姿がモノクームの写真に映し出されていた。蘇るふたりだけの記憶。欲望のままに生きていた青春の日々。再会した賢治に直子は言う。

「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」

婚約者が出張から戻ってくるまでの5日間、限られた時間の中でふたりは肌を重ね合う。身体に刻まれた快楽の記憶と葛藤の果てに、ふたりが辿り着いた先は-。

理性だけでは抑えきれない衝動の深みにはまり、究極の選択を迫られる男と女。
この愛の業は救いかー。それとも破滅への道か-。


映画名

火口のふたり

上映期間

【ご好評につき延長決定!】10月24日(木)まで

上映時間

1時間55分

公式サイト

http://kakounofutari-movie.jp/

配給

ファントム・フィルム

製作年/製作国

2019年/日本