読まれなかった小説

上映中

字幕

DCP

上映期間: 12月下旬まで(予定)

上映時間: 3時間9分


(C)2018 Zeyno Film, Memento Films Production, RFF International, 2006 Production, Detail Film,Sisters and Brother Mitevski, FilmiVast, Chimney, NBC Film

第67回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した『雪の轍』のヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督最新作

作家を夢見るシナンは、トロイ遺跡近くの故郷で処女小説を出版しようとするが、誰にも相手にされないでいた。父イドリスは引退間際の教師。競馬好きの父とシナンは性格が全く違い相容れない。父と同じ教師になって、平凡に生きることを望まないシナン。交わらぬように見えた父と子。その心の絆を繋いだのは、意外にも誰も読まなかったシナンの小説であった-。

『雪の轍』でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞し世界中で93の賞に輝く巨匠、ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督。知人不死の物語に、自身の人生も反映させて完成させたという本作。

バッハの旋律、書店に飾られたカフカ、カミュ、ガルシア・マルケス、ヴァージニア・ウルフの肖像、チェーホフ、ニーチェ、ドストエフスキーら偉大な作家を感じさせる語り口。全てが合わさり、崇高な文学のような最高傑作がここに誕生した。

美しく広大な景色、壮大な映像、耳に残る旋律、溢れ出る豊かなセリフ。
そこに描かれているのは決して交わるはずがなかった「父と息子の軋轢と邂逅」


映画名

読まれなかった小説

上映期間

12月下旬まで(予定)

上映時間

3時間9分

公式サイト

http://www.bitters.co.jp/shousetsu/

配給

ビターズ・エンド

製作国/製作年

トルコ・フランス・ドイツ・ブルガリア・マケドニア・ボスニア・スウェーデン・カタール/2018