家族を想うとき

上映中

字幕

DCP

上映期間: 1月31日(金)まで

上映時間: 1時間40分


(C)Sixteen SWMY Limited, Why Not Productions, Les Films du Fleuve, British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2019

今を必死に生きる私たちを吹き飛ばそうとする嵐に、名匠ケン・ローチ監督が正面から立ち向かう

2019年・第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。
2016年、カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝き、日本でも大ヒットを記録した『私はダニエル・ブレイク』。この傑作を最後にと一度は引退宣言をしたケン・ローチ監督。しかし、その名匠が引退宣言を撤回してまで描きたかったもの、、、現代社会を生き抜く私たちに魂のこもった一作を届けてくれた。

家族を守るはずの仕事が、家族を引き裂いていくー。

父のリッキーは、マイホーム購入の夢を叶えるために、フランチャイズの宅配ドライバーとして独立。母のアビーはパートタイムの介護福祉士として1日中働き詰め。夢の為、生活のため、家族のため、自分たちの幸せのために働き続けるが、仕事がどんどん家族との時間を奪っていく。高校生の長男セブと小学生の娘ライザはそんな両親の姿を見て寂しい想いを募らせていく。そんななか、リッキーがある事件に巻き込まれてしまうー。

日本でも日々取り上げられる労働問題、収入格差。ここで描かれていることは他国の映画の中の話ではない。我々日本人が直面している問題そのものである。現代社会に立ち向かう家族の美しく力強い絆。その姿にきっと心揺さぶられるだろう。

83歳を迎えた映画界の名匠が命を燃やして贈る、未来を生き抜くための私達へのメッセージ。
この映画は、いつか直面するかもしれない“あなた”の物語。


映画名

家族を想うとき

上映期間

1月31日(金)まで

上映時間

1時間40分

公式HP

https://longride.jp/kazoku/

配給

ロングライド

製作国/製作年

イギリス・フランス・ベルギー/2019年