過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道

上映中

DCP

上映期間: 【ご好評につき延長決定!】6月24日(木)まで

上映時間: 1時間52分


(C)「過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道」フィルムパートナーズ

世界が熱狂!いま、明らかになる孤高の天才(レジェンド)の素顔。

2019年に81歳で写真界のノーベル賞とも言われるハッセルブラッド国際写真賞を受賞するなど、海外での再評価も高まっている写真家の森山大道。

これまでほとんど知られることの無かった彼のスナップワークをこの映画では丁寧に拾い上げていく。時代に翻弄され、激変する東京の姿を、コンパクトカメラ1台で大胆に切り取っていく森山。魔法のような傑作群はどのようにして生まれるのか。決定的瞬間とはなにか。謎めいた写真家の素顔を、映画は少しずつ解き明かしていく。

内省と含羞、沈黙と狂乱、憂愁と知性に彩られた写真人生。そのまなざしに、その身ぶりに、その言葉に、世界が熱狂する。

1938年大阪生まれ。
岩宮武二、細江英公のアシスタントを経て、
1964年独立、写真雑誌などで作品を発表。
1967年「にっぽん劇場」で日本写真批評家協会新人賞受賞。
1968年から1970年にかけて写真同人誌「プロヴォーク」に参加。
2018年フランス芸術文化勲章シュバリエ受勲。
2019年ハッセルブラッド財団国際写真賞受賞。
2020年朝日賞受賞。

違う。我々が知りたいのは、プロフィールじゃない。

知りたいのは、森山大道。


映画名

過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道

上映期間

【ご好評につき延長決定!】6月24日(木)まで

上映時間

1時間52分

公式サイト

https://daido-documentary2020.com/

配給

テレビマンユニオン

製作年/製作国

2020年/日本