クローブヒッチ・キラー

上映中

字幕

DCP

上映期間: 7月上旬まで(予定)

上映時間: 1時間50分


(C)CLOVEHITCH FILM, LLC 2016 All Rights Reserved

少年が父親に対して抱いた、ある疑惑。
10年前に町を震撼させた殺人鬼の正体は・・・!?

信仰を重んじる小さな町で、貧しくも幸せな家庭で暮らす16歳の少年タイラー。
彼は、町民たちからの厚い信頼を寄せられる父親を尊敬していた。
だがある日、父の小屋で猟奇的なポルノや不穏なポラロイド写真を見つけてしまう。
不審に思ったタイラーは、10年前に起きた未解決事件「巻き結び(クローブヒッチ)連続殺人事件」との関連を疑い、同じ事件を追う少女カッシの協力を得て真相を究明しようとする。
事件現場に残された結び目の謎、父が隠す秘密、10年間明かされることのなかった真実が徐々に紐解かれ、タイラーは思いがけない恐怖に直面する・・・。

《ホラーの帝王》スティーヴン・キング絶賛!!
チャーリー・プラマー主演で贈る思春期サスペンス・スリラーの決定版!

10代の少年を主人公にしたジュブナイル映画と、ホラーとスリラーの要素がつまったスラッシャー映画。
『スタンド・バイ・ミー』『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』などと共にその系譜にあたる本作は、その中でも象徴的存在である名作家スティーヴン・キングから「たまらないサスペンスだ!」と称賛を受けた。
主演を務めるのは、『ゲティ家の身代金』で誘拐被害者となる富豪の孫を演じ、『荒野にて』ではベネチア国際映画祭新人俳優賞を受賞するなど、ハリウッドから注目を集める新たな才能チャーリー・プラマー。
そして、不穏な父親役にディラン・マクダーモット、母親役にサマンサ・マシス、主人公の相棒となる少女カッシ役にマディセン・ベイティが扮する。
謎と恐怖が連鎖する緻密なサスペンスを見事に組み立てたのは、米映画界の新鋭ダンカン・スキルズ監督。
家族への信頼と疑いに揺れる心情や、コミュニティにおける人間関係の不協和音を描き出し、衝撃的な結末が純真無垢な時代の終わりを痛烈に焼き付ける。


映画名

クローブヒッチ・キラー

上映期間

7月上旬まで(予定)

上映時間

1時間50分

公式サイト

https://clovehitch-killer.net-broadway.com/

配給

ブロードウェイ

製作年/製作国

2018年/アメリカ