サーミの血

上映中

字幕

DCP

上映期間: 10月27日(金)まで

上映時間: 1時間48分


(C)2016 NORDISK FILM PRODUCTION

差別に抗い、故郷や名前を捨ててまで“自由”に生きることを選んだ少女の物語

1930年代、スウェーデン北部の山間部に居住する先住民族、サーミ人は劣等民族として差別を受けていた。寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績もよく進学を臨んだが、教師に「あなた達の脳は文明に適応できない」と告げられる。
ある時エレは夏祭りにスウェーデン人のふりをして忍び込む。そこで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。差別を受け、トナカイを飼い、テントで暮らす生活からなんとか抜け出したいと思っていたエレは、少年ニクラスを頼り、街に出る-。

2016年、東京国際映画祭で審査員特別賞と最優秀女優賞をW受賞した本作は、世界の映画祭でも賞賛の声を浴びています。監督自身がサーミ人の血を引いており、本作品の差別する人々の目の生々しさやエレ・マリャの自由への情熱、自身の運命に対しての悲哀さは、そんなアマンダ・シェーネル監督だからこそ表現できたのかもしれません・・・。


映画名

サーミの血

上映期間

10月27日(金)まで

上映時間

1時間48分

公式サイト

http://www.uplink.co.jp/sami/

配給

アップリンク

制作年/製作国

2016年/スウェーデン・デンマーク・ノルウェー合作