ヒトラーを欺いた黄色い星

上映中

字幕

DCP

上映期間: 8月下旬まで(予定)

上映時間: 1時間51分


(C)2016 LOOK! Filmproduktion / CINE PLUS Filmproduktion (C)Peter Hartwig

生きる希望を失わずに知恵と勇気を絞り出し、ナチスから“見えない存在”であり続けた若者たちの驚きに満ちた実話

第二次世界大戦下、ナチスの宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスは、ドイツの首都ベルリンからユダヤ人を一掃したと正式に宣言した。しかし事実はそうではなく、約7000人ものユダヤ人がベルリン各地に潜伏し、最終的に約1500人が戦争終結まで生き延びた。

運良く収容所を免れたツィオマはドイツ人兵士に成りすまして、ベルリン市内の空室を転々としながらユダヤ人の命を救うための身分偽造を行った。
戦争未亡人を装って映画館に出かけたルートは、ドイツ国防軍の将校にメイドとして雇われることになる。
最も若い16歳の少年オイゲンはヒトラー青少年団の制服を着て身元を偽り、反ナチスのビラ作りに協力。
17歳の孤児ハンニバルは髪をブロンドに染めて別人になり、映画館で知り合った男性の母親の家に匿われた。

家族との別離、ゲシュタポにいつ逮捕されるかわからない不安、恐怖、更には飢えや冬の寒さなど、極限状態の中で生きた彼らは、それでも希望を失わずにナチスから“見えない存在”であり続けた。

真実を今に伝える感動の物語


映画名

ヒトラーを欺いた黄色い星

上映期間

8月下旬まで(予定)

上映時間

1時間51分

公式サイト

http://hittler-kiiroihoshi.com/

配給

アルバトロス・フィルム

製作年/製作国

2017年/ドイツ