Bプログラム/『肉体と悪魔』 第二回 カツベン映画祭【新宿東口映画祭2022提携企画】 » 新宿武蔵野館"> Bプログラム/『肉体と悪魔』 第二回 カツベン映画祭【新宿東口映画祭2022提携企画】 » 新宿武蔵野館">

Bプログラム/『肉体と悪魔』

第二回 カツベン映画祭【新宿東口映画祭2022提携企画】

上映予定

Blu-ray

1プログラム¥2,000均一

※株主優待券(証)・株主優待割引券・招待券はご利用いただけません。

上映期間: 6月3日(金)11:50の回

上映時間: 1時間33分


『肉体と悪魔』Flesh and the Devil/1927年 (昭和2年)米 MGM作品【93分】

写真提供:マツダ映画社

昭和4年3月7日新宿武蔵野館封切作品。「神聖ガルボ帝国」ガルボの人気を決定づけた作品。

レオとウルリッヒは親友同士だが気質は正反対。知性的なウルリッヒに比しレオは直情型であった。レオは、若く美しい伯爵の妻フェリシタスと情を交わし、これを知った伯爵はレオに決闘を挑み、命を落とす。レオは罪悪感からオーストリアを離れアフリカへ向かう。こうした事情を知らぬウルリッヒは、未亡人となったフェリシタスと結婚。数年後・・・

監督/クラレンス・ブラウン
出演/ジョン・ギルバート、グレタ・ガルボ

■弁士

澤登 翠(さわと みどり)

法政大学文学部哲学科卒業。故松田春翠門下。
日本独特の話芸「活弁」の第一人者として、国内を始め仏、伊、米他海外にも招聘され好評を博している。洋画、現代劇、時代劇とレパートリーも豊富。活弁の継承者としての活動が評価され、これまでに文化庁芸術祭優秀賞、文化庁映画賞他を受賞。無声映画鑑賞会での公演を基盤に国立映画アーカイブや各地の映画祭での公演、大学他での講座、TV番組のナレーション、朗読とその活動は多岐に亘る。2015年、「文藝春秋」に掲載の「日本を代表する女性120人」に選出、2017年3月には松尾芸能賞特別賞を受賞。周防正行監督最新作映画『カツベン!』では、活動弁士監修を担当した。本年、弁士デビュー50周年を迎える。

■演奏

カラード・モノトーン・デュオ

湯浅ジョウイチ(ゆあさ じょういち)/作曲・編曲、ギター

1987年、東京国際映画祭でグリフィス監督の「國民の創生」の楽士を務めて以来、無声映画期音楽の復元・作/編曲を行い、後に和洋楽団カラード・モノトーンを結成。当時の再現演奏ができる唯一の楽士。日仏連携イベント「ジャポニスム2018」をはじめ欧米への招聘も受け精力的に活動している。

鈴木真紀子(すずき まきこ)/フルート

桐朋学園大学音楽学部卒業。フルートを峰岸壮一氏に師事。卒業後、無声映画専門和洋楽団カラード・モノトーンのメンバーとして活動。「ジャポニスム2018」では、パリを始め四都市での公演を大成功に収め、帰国後、楽長の湯浅氏と共に総理官邸での感謝の集いに招聘。


映画名

Bプログラム/『肉体と悪魔』 第二回 カツベン映画祭【新宿東口映画祭2022提携企画】

上映期間

6月3日(金)11:50の回

上映時間

1時間33分

料金

¥2,000均一 / 全席指定

※株主優待券(証)・株主優待割引券・招待券はご利用いただけません。

発売日

〇オンライン予約販売:5月20日(金)正午より(販売開始時刻は、アクセス状況により前後する場合がございます)

オンライン予約サイトはこちら▼
http://www1.musashino-ticket.jp/shinjuku/schedule/index.php

〇劇場窓口販売:5月20日(金)正午より(販売開始時刻は、当日の混雑状況により前後する場合がございます)

販売方法/注意事項

※第二回 カツベン映画祭のチケットはPC・スマートフォンなどによるインターネット販売および劇場窓口にて販売いたします。電話でのご予約は受け付けておりません。
※チケットが完売次第、販売を終了します。
※チケットのご購入後の変更、払い戻しは致しません。
※特別興行につき、株主優待券(証)株主優待割引・招待券はご使用になれません。
※場内でのカメラ(カメラ付き携帯を含む)、ビデオによる撮影・録音・録画は固くお断りします。
※上映作品、上映時間、弁士、演奏は予定につき、予告なく変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

主催

マツダ映画社
https://matsudafilm.com/
03-3605-9981

新宿東口映画祭2022公式サイト

https://filmfest.musashino-k.co.jp/

新宿東口映画祭2022公式twitter

@shinjuku_f_fest

新型コロナウイルス感染予防の対策について

http://shinjuku.musashino-k.jp/news/23124/

関連ニュース