CLOSE/クロース

上映中

字幕

DCP

上映期間: 【ご好評につき延長決定!】10月5日(木)まで

上映時間: 1時間44分


(C)Menuet / Diaphana Films / Topkapi Films / Versus Production 2022

永遠を壊したのは、僕。

花木農家の息子のレオと幼馴染のレミ
昼は花畑や田園を走り回り、夜は寄り添って寝そべる。
24時間365日ともに時間を過ごしてきた2人は親友以上で兄弟のような関係だった。

13歳になる2人は同じ中学校に入学する。
入学初日、ぴったりとくっついて座る2人をみたクラスメイトは「付き合ってるの?」と質問を投げかける。
「親友だから当然だ」とむきになるレオ
その後もいじられるレオは、徐々にレミから距離を置くようになる。

(C)Menuet / Diaphana Films / Topkapi Films / Versus Production 2022

(C)Menuet / Diaphana Films / Topkapi Films / Versus Production 2022

(C)Menuet / Diaphana Films / Topkapi Films / Versus Production 2022

ある朝、レミを避けるように一人で登校するレオ
毎日一緒に登下校をしていたにも関わらず、自分を置いて先に登校したことに傷つくレミ
二人はその場で大喧嘩に。

その後、レミを気にかけるレオだったが、仲直りすることができず時間だけが過ぎていったある日、課外授業にレミの姿はなかった。
心ここにあらずのレオは、授業の終わりに衝撃的な事実を告げられる。

それは、レミとの突然の別れだった。

移ろいゆく季節のなか、自責の念にかられるレオは、誰にも打ち明けられない想いを抱えていた・・・。

(C)Menuet / Diaphana Films / Topkapi Films / Versus Production 2022

(C)Menuet / Diaphana Films / Topkapi Films / Versus Production 2022

(C)Menuet / Diaphana Films / Topkapi Films / Versus Production 2022

親友との突然の別れ。無垢な少年が背負う罪の意識。
世界中を涙に染めた、残酷な悲劇と再生を描いた物語。

第75回カンヌ国際映画祭で「観客が最も泣いた映画」(BBC.com)と称されグランプリを受賞し、第95回アカデミー賞国際長編映画賞にノミネートされるなど各国の映画賞で47受賞104ノミネートを果たした『CLOSE/クロース』。

色鮮やかな花畑や田園を舞台に、無垢な少年に起こる残酷な悲劇と再生を描いた物語は、ヨーロッパ、アメリカ、アジアと世界各国で上映され、海外の映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では94%フレッシュ(2022.5.31時点)と高い満足度を記録し、多くの映画人や観客を魅了している。

さらに、映画ファンから絶大な支持を得る気鋭の映画製作・配給スタジオ「A24」が北米配給権を獲得したことも話題に。

世界中を涙に染めた珠玉の一作がついに日本でベールを脱ぐ。

(C)Menuet / Diaphana Films / Topkapi Films / Versus Production 2022

(C)Menuet / Diaphana Films / Topkapi Films / Versus Production 2022

監督を務めるのは、前作『Girl/ガール』で第71回カンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を受賞し、鮮烈なデビューを飾ったルーカス・ドン。長編2作目となる本作では、学校という社会の縮図に直面した10代前半に、自身が抱いた葛藤や不安な想いを綴る思春期への旅の始まりを瑞々しく繊細に描いた。

主人公・レオと幼馴染のレミを演じるのは、本作で俳優デビューとなるエデン・ダンブリングスタフ・ドゥ・ワエル
子供でもなく大人でもない10代特有の揺れ動く心情を表現した二人には、世界中から賛辞が贈られている。

誰もが経験する「後悔」と「孤独」。
その積み重ねが人を強くする。
少年の記憶はいつかどこかで感じた“あの日の痛み”をよみがえらせる。

これは大人になったあなたの軌跡を辿る物語。

多くの観客にとって生涯忘れられない至極の感涙ドラマを、ぜひ新宿武蔵野館のスクリーンで・・・。


映画名

CLOSE/クロース

上映期間

【ご好評につき延長決定!】10月5日(木)まで

上映時間

1時間44分

公式サイト

https://closemovie.jp/

配給

クロックワークス、STAR CHANNEL MOVIES

製作年/製作国

2022年/ベルギー・フランス・オランダ合作

関連ニュース