News&Topics劇場からのお知らせ

『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』
        
先着リピータープレゼント実施中!

あの名アルバムの世界観が遂に映画化!
カリテの大ヒットを受け、武蔵野館でも続映!

英国スコットランド・グラスゴーが生んだカリスマバンドベル・アンド・セバスチャン」のフロントマンスチュアート・マードック大ヒット個人名義アルバムらが脚本・監督映画化。とびっきりキュートポップボーイ&ガール・ミーツ・ミュージック♪ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』の公開を記念して、何度でも観たい!リピータープレゼントを行っています。

2回目以降は、チケットご購入時劇場窓口前回のチケット半券をご提示ください。(ネットでご購入の方も同様)
もちろん、シネマカリテでご覧になったチケットでも有効です。
先着数量限定
で下記のグッズの中からお好きな1点プレゼントします。

   〇 オリジナル缶バッジ 1種 (絵柄は3種あります)
   〇 フレッドペリー・リストバンド

※グッズはそれぞれ数に限りがあります。無くなり次第終了となりますので、予めご了承下さい。

『ロマンス』大ヒット御礼トークイベント開催決定!

サヨナラだけが人生だ。
サヨナラだけがロマンスだ。

かと出会い、そしてれる。そんな当たり前日常特別1日となった、特急ロマンスカーアテンダント大島優子箱根さんぽを描いたプチ・トリップムービーロマンス』の大ヒットを記念しまして、本作の監督タナダユキさんと、脚本家黒沢久子さんをお招きしてトークイベントを開催いたします。
お二人は、『四十九日のレシピ』の監督・脚本でご一緒しており、『百万円と苦虫女』でも黒沢さんが脚本に協力していた間柄。そんなお二人ならではのおしゃべりを繰り広げていただきます。

チケット販売概要下記の通り。
皆様のご来場をお待ちしております。

 

〔日時〕   9月6日(日) 14:30 の回上映終了後 
                    ※本編より上映

〔ゲスト〕  黒沢久子 さん<脚本家>
            (『キャタピラー』『四十九日のレシピ』『海のふた』)
        タナダユキ監督
             (2名予定)  ※登壇者は予定のため、急遽変更の場合あり

〔チケット〕 通常料金。全席指定席。
          ・上映の2日前の4日(金)よりネット予約(詳細は右横の
           [オンライン予約サービス]のバナーをご覧ください。)、
           劇場窓口での入場券の先行販売を行います。
          ・お手持ちの前売鑑賞券でもご覧いただけます。
           ネット予約同様、2日前の4日(金)より劇場窓口にて
           指定席券とのお引き換えができます。
         ・当日の受付は当日朝の開場時間9:40より入場券の
           販売を開始いたします。

           (混雑状況によっては開場時間が早まる場合がございます。)

     ※前日までにチケットが完売になった際には、当日券のご用意はございませんので、
       予めご了承ください。
     ※イベント回は特別興行につき、株主優待券(証)・ご招待券はご利用できません。
     ※場内でのカメラ・ビデオによる撮影・録音・録画は固くお断りします。


   (C)2015 東映ビデオ

【百足NEWS 2】

みんな~つながってるかーい!満席続出!ニッポン列島、ムカデ人間増殖中!

1)百足増殖!みんなのムカデ追加上映決定!
“なんで昼間に上映しないんだ!”
“ムカデが夜行性だからって、夜だけじゃなくたっていいじゃないか”
“お願いだ!ボクたちは太陽が昇っている間にムカデが観たいんだ!”
…安心してください、つなげます!皆様の熱―いご要望にお応えして、レイト上映だったムカデを夕方放ちます。
ちっちゃなお子さんを持つ親御さんも、安心してください。
アンパンマンの上映も終わり、かいけつゾロリが参上するまでの1週間限定(~10日まで)です。まだつながってない方は、この機会にとにかく繋がってみてください。明るくネ。
詳しくは[上映時間]の頁をご覧ください。

2)グッズも増殖!みんなのムカデ商品いっぱい売ってます!
前作『ムカデ人間』や『ムカデ人間2』の売れ残ってたグッズも ここぞとばかりに放出しています。
いずれも数に限りがありますので、無くなりしだい販売終了となりますので、お早めにお買い求めください。   (価格は全て税込)

  〇 「ムカデ人間」消し   ¥2000
  〇 トイレットペーパー   ¥ 300
  〇 囚人服          ¥7900
  
…etc

3)みんなのムカデの次はコレだ!
晴れて11月28日(土)に日本公開が決まった、『ホステル』のイーライ・ロス監督作品『グリーン・インフェルノ』の予告編(特報)を『ムカデ人間3』の本編前に付けています。
こちらもお見逃しなく!


      お楽しみはまだまだ続きます!
     ゾンビ―バーからムカデ、そして食人族へとつなげて下さい。


(C)2014 SIX ENTERTAINMENT COMPANY.

『ロマンス』リピータープレゼントキャンペーンのお知らせ。

ふがいない僕は空を見た』『四十九日のレシピ』の監督タナダユキが、主演に“国民的アイドルAKB48センターとして絶大人気を誇るも、昨年6月に惜しまれながら卒業本作女優として主演作となる大島優子を迎え、『百万円と苦虫女』以来、実に7年ぶりとなるオリジナル作品箱根景勝地舞台にしたプチ・トリップ・ムービーロマンス』を完成させました。“私もちょっと旅に出たいな”って思わせてくれる本作の公開を記念して“何度でも旅に出よう!リピータープレゼントキャンペーン実施いたします。

皆様の度重なるご来場、お待ちしております!

【プレゼント品】
   タナダユキ監督手作り『ロマンス』赤富士ブローチ
(下写真)

【配布日時】
   8月29日(土)~ 

     先着順・数量限定につき無くなりしだい配布終了となります。

【対象実施劇場】  ※下記2館のみ
   新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷

【配布方法】
   映画『ロマンス』2回目ご鑑賞の際のチケットご購入時に、劇場窓口で
   前回ご覧になったチケットの半券をご提示ください。

     (ネットでご購入の方はチケット発券時)

     ※ 同日同時間のチケットは不可
     ※ 有料入場チケットのみ有効
     ※ 相互の劇場のチケット可

映画『ロマンス』公開記念 ミノン・デー キャンペーン実施。

主演、大島優子。 監督、タナダユキ。

新宿箱根を結ぶ小田急ロマンスカーアテンダント特別1日を描いた『ロマンス』。そして映画同様に、大島優子出演し、タナダユキCM演出、さらには映画のエンディングテーマを歌う三浦透子CM歌唱も担当した第一三共ヘルスケアミノン全身シャンプー」。つのコラボを記念して、映画『ロマンス公開から4週間は“毎週水曜日はミノンの日 MINON DAY”映画をご覧になったお客様入場者全員に、うるおいを守って洗う植物性アミノ酸系洗浄成分配合ミノントライアルパック(サンプル2個入り)をプレゼント致します。

映画サービスデーでもある水曜日お得な日にぜひご鑑賞ください。

    〇 実施期間 …… 9月2日、9日、16日、23日
                  ※ 配布は入場時にさせていただきます。

 


                           (C)2015 東映ビデオ

 

幸せをチャージする癒し旅。 ロマンスカー 出発進行!

【ロマンスカーの命名の由来】
1949年、当「新宿武蔵野館」が復旧改装した際に、カップルが楽しく映画を観れるようにと、二人掛けの座席を場内に設置、「ロマンスシート」として評判を呼びました。
ちょうど同じ時期に運行を開始した小田急の特急車両が二人掛けの対面座席を採用したことから、そのシートにちなみ「ロマンスカー」と呼ぶようになったのが、そのはじまりだと言われています。
 (諸説あり)

旅情を感じるひとときがそこに-。
そんな当館ゆかりロマンスカー舞台にした映画、大島優子扮する、新宿箱根湯本を結ぶロマンスカーアテンダントが車内乗務中に怪しげな男と出会い、ともに箱根の観光地を巡るうちに、自らの人生振り返るロードムービーロマンス』(8月29日より)の公開を記念して、劇場ロビーには、本作に全面協力している小田急グループ提供の、青いロマンスカーMSEの迫力ある車体画像大型ポスターに、大島優子さんも着た!アテンダント実際車内着用しているキュート制服展示しています。

さらに劇場売店では、ロマンスカーグッズ特別販売いたします。
いずれも数に限りがありますので、無くなりしだい販売終了となりますので、お早めにお買い求めください。(価格はすべて税込となります)

   〇 MSEプラレール  ¥2370
   〇 ダイキャスト  ¥1300
   〇 小田急電車シール  ¥420
   〇 アテンダントストラップ  ¥520
   〇 チャーム  ¥420
   〇 はこねのりものシールブック  ¥500
   〇 トートバック  ¥3980
   〇 パスケース  ¥1320
   〇 3Dパスケース  ¥1840
   〇 ワンタッチボトル  ¥1500
  ……etc

いざ、1200年もの歴史をもつ日本有数温泉郷箱根へ―。

ロマンスカーでごゆるりと。

【百足NEWS】

この夏、最後の、最大の、最狂のエンドレス“ムカデ”カーニバルが始まる……。

1) キミもつながってみよう!
劇場ロビー奥に、よく観光地に行くと置いてある、顔を入れて写真を撮るパネルを当劇場オリジナル“ムカデ人間”仕様で、作っちゃいました。
さすがに500人は無理なので、顔を入れるアナは3つだけですが……(笑)
写真撮影はもちろんOK!
ぜひご来場の記念に、顔ハメショットを撮ってお帰りください。
さらに、禁断の“のぞき窓”も作っちゃいました。
扉を開けて飛び出てくるのは、とても「アンパンマン」観に来たコドモたちには見せられない、お父さんには怒られちゃう画像ですので、くれぐれも閲覧注意!です。
……でもこれって『2』の上映時にも作ったんだけど、その時も「アンパンマン」観にきたコたちに気を遣い、届かない位置に顔ハメのアナくり抜いたし、のぞき窓も手の届かない位置に設置したにもかかわらず、なんと!お父さんがコドモを抱っこして顔ハメさせたり、“いやぁー気持ち悪いねー”って窓開けさせたりしてました(泣)。
WHY ジャパニーズ・ピーポー、大丈夫か、ニッポン。
今年はそんな光景を目にしないことを願ってまーす!

2)キミもつながって観るか !?
50名×足2本=百足(ムカデ)割引を実施します。
入場時に、50人全員で腕を組んでご来場の“チーム・ムカデ”の方々には、お一人様、ワンコインの500円でご覧いただけます。
『ムカデ人間2』の上映時に実施した12人割引は、計5組60名がつながってくれました。
勇士求む! さぁ、みんなで輪になって踊ろう、じゃなくて観に来てネ!

3)キミもムカデにならないか !?
多数の商品を取り揃えました。
いずれも数に限りがありますので、無くなりしだい販売終了となりますので、お早めにお買い求めください。 (価格は全て税込)

   〇 パンフレット       ¥800
   〇 B2ポスター(2種)   ¥500
   〇 Tシャツ(各種)   ¥3500~
   〇 ステッカー   ¥400
   〇 ガチャガチャ(缶バッジ)   ¥300
   〇 特製カレー  ¥648 
  
                     ……etc

『クーキー』チェコから直輸入パペット展示!

マリオネット(操り人形)王国チェコから迷子テディベアクーキー”が日本上陸!
映画『クーキー』の公開記念して、実際の撮影時使ったクーキー奇妙キャラクターたちを本国チェコから取り寄せ、映画の世界観再現したディスプレイ製作し、劇場ロビー設置しています。
チェコ代表する世界的にも有名ゲームクリエイター兼デザインチームアマニタ・デザイン製作仕事逸品をとくとご覧あれ!

    【劇場販売オフィシャルGOODS】
多数の商品を取り揃えました。
いずれも数に限りがありますので、無くなりしだい販売終了となりますので、お早めにお買い求めください。   (価格は全て税込)
       〇 パンフレット      ¥600
   〇 B2ポスター(2種)  ¥500
   〇 Tシャツ(2種)    ¥2500
   〇 トートバッグ(3種)  ¥1500
   〇 ぬいぐるみ       ¥1000
   〇 マグカップ       ¥1000

 

ワタシってキレイ?ヒーリング・アクアリウムVol.39

妻の死をきっかけに、女装嗜好が目覚めてしまったと、その秘密った自分らしくあるために―ファッションメイクを施し、女性であることに誇りを持ち、日常を目いっぱい楽しむ…そんな素敵な人生を送りたいと思う女性たちへの応援歌フランソワ・オゾン監督最新作彼は秘密の女ともだち』の公開記念して、劇場ロビーには、赤色の鮮やかな体色で、生まれた時はすべてメスで、成長するとオスに転換する魚サクラダと、口紅を付けたような唇と、アイシャドウを引いたような目が特徴のオキトラギスが泳ぐ水槽展示しています。

全体のディスプレイ色は、トリコロール仕様に施し、近くによると画像が浮かび上がる巨大手鏡や、口紅のオブジェの制作、本作をイメージしたオリジナルシューズの展示(プレゼント=別項参照)など、エレガントな映画の世界観を演出しました

写真撮影も、もちろんOK!

清涼感あふれる癒しのリラクゼーション。
上映前のひと時、ゆったりとした時間をお過ごしください。

        
    こちらの水槽展示は9月8日(火)までとなります。

 

『彼は秘密の女ともだち』<当館限定>
  映画をイメージしたオリジナルシューズをプレゼント!

ありのまま自分れることの素晴らしさをらかにげた、『8人の女たち』のフランソワ・オゾン監督が描く愛の物語彼は秘密の女ともだち』の公開を記念して、ご鑑賞のお客様の中から抽選で1名様に、本作のフランス版ポスターをイメージした婦人靴MANAのオリジナルシューズ(レッド)が当たるプレゼントキャンペーンを実施いたします
    (賞品はロビー設置の水槽ディスプレイに展示しています)

指定の応募用紙に、鑑賞時の半券を貼り、普段履かれている靴のサイズなど必要事項をご記入の上、館内設置の応募箱に投函してください。

さぁ、いつもと違うエレガントな“大人”の女性の証を履いて…。

        www.mana-l.com/

  ※賞品となるオリジナルシューズは、上映劇場によって異なります。
    当館はレッドの靴となります。
  ※応募期間は当館での本作上映期間中となります。
  ※ご応募は有料入場者に限らせていただきます。
  ※当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

     (お問合せ)
      ・キャンペーンに関して/(株)キノフィルムズ 03-5908-2262
      ・賞品に関して/(株)ドゥ・ラマーレ  03-5808-4460

【お知らせ】 全席指定席、ネット予約開始します!

長らくの間、当新宿武蔵野館は【全席自由席・当日受付・整理券制】の入場システムを取ってきましたが、この度4月13日(月)より【全席指定席(立ち見あり)とし、2日前より【チケットの先行販売・ネット予約サービス】も併せて開始させていただくことになりました。

 

【先売チケット販売開始日時】
 
13日(月)当日~2日先の15日(水)までのチケットをお取りいただけます。

○ネット予約   4月13日(月) AM7:00より

○劇場窓口    4月13日(月) 劇場オープン時より

    ※ネット予約のチケットは毎日午前0時より(開始初日を除く)、2日後までの
     上映分を販売しており、上映開始の30分前までご購入いただけます。

   ※ネット予約できる座席数には限りがございますので、予めご了承ください。
     ネット分が売り切れの場合でも、窓口分としてチケットを販売していることが
     ございます。

   ※ネット予約の決済はクレジットカードのみの受付となります。なお、劇場窓口
     は現金払いのみとなります。クレジットカードはご利用できません。

   ※当館のオンライン予約では、株主優待綴り、各種割引クーポン、前売券(ム
   ビチケ含む)、招待券はご利用できません。学生・シニア・身障者の方は割
   引料金でご購入できますが、ご入場の際に学生証や年齢を確認できる証
   明書などをご提示いただきます。ご提示いただけない場合は、一般料金と
   なり、その場で差額の料金を頂戴いたしますので、ご了承ください。
   ファーストデーや水曜サービスデーは対応した料金でご予約いただけます。

    ★ 詳しくは右横のバナー[オンライン予約サービス]をご覧ください。
 

今後とも、より皆様にご利用いただきやすい劇場を目指して取り組んでまいり
ますので、引き続きご愛顧の程、よろしくお願い致します。

 

★ お得なクーポンをご利用ください。

当劇場では、平成26年年4月1日(火)からの消費税税率引き上げに伴い、「レイトショー割引」 など、一部の割引サービスを平成26年3月31日(月)をもって、廃止いたしました。

今後、当劇場で上映される作品をご鑑賞の際には、事前に前売券をご購入されるか、当劇場ホームページに記載の 割引クーポンをぜひご利用ください。

これまで、ホームページの割引クーポンをご利用の場合は、プリントアウトしてお持ちいただいておりましたが、今後はより手軽にご利用いただけますよう、スマホ・タブレットなどの [画面提示] でも、割引可とさせていただきます。 (引き続きプリントアウトも可)


(注意)
なおクーポン適用は、チケット購入時の提示に限ります。

ご購入後の金額変更・払い戻し等はできませんので、予めご了承ください。
クーポンは他のサービスとの併用、特別興行などにはご使用になれません。
オンライン予約サービスには
ご利用になれません。

 

消費税率引き上げに伴う鑑賞料金の改定について

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

武蔵野興業株式会社(運営劇場:新宿武蔵野館/シネマカリテ)では、平成26年4月1日からの消費税率引き上げに伴い、以下の通り鑑賞料金を改定いたします。

 

【改訂の基本概要】

  • 全体での適正な価格転嫁になるよう、現行料金の一律値上げではなく、一部の各種割引料金を改定いたします。
  • 今後、更なる消費税率引き上げ時、経済市場の動向によっては、改めて鑑賞料金を改定する場合もございます。

 

【改定後の詳細】

  • 通常鑑賞料金(一般、大学生・高校生、中学生・小学生・幼児、障害者手帳をお持ちの方)は、現行料金のまま据え置き、改定はございません。
  • 各種割引料金は下記の通りとさせていただきます。

 〇 水曜レディースデー/現行1,000円

水曜映画ファン感謝デー(男女共)1,000円

〇 レイトショー(20時以降の回)割引/現行1,300円

廃止。3月31日をもって割引終了。

〇 1日ファーストデー/現行1,000円

→ 1,100円 (100円追加)

※12月1日<映画の日>のみ1,000円(据え置き)

〇 シニア(60歳以上)/現行1,000円

1,100円 (100円追加)

〇 高校生友情プライス(3名以上)/現行お一人様1,000円

廃止。3月31日をもって割引終了。

〇 夫婦50割引/現行 ご夫婦で2,000円

廃止。3月31日をもって割引終了。

 

※HPクーポン、三越・伊勢丹エムアイカード割引の割引率は現行のままで変更ございません。
※各料金は内税にて総額表示となります。  

 

平成26年3月15日  武蔵野興業株式会社

時は来た!新宿に新しいミニシアターが誕生。
            その名も 「シネマカリテ」

2012年12月22日(土)、
新宿武蔵野館系列の新しいミニシアター シネマカリテ1・2」 が新宿駅東南口から歩いて2分の、当劇場にひけ
をとらない好立地にオープンします。

シネマカリテ」 は元々、現在の新宿武蔵野館の位置に1994年10月2001年末までの7年間、美術館を併設したミニシアターとして、その名称で存続していた劇場で、およそ10年ぶりに<復活>する形となります。

新宿武蔵野館同様 “なんでもあり!のラインナップに、作品の世界観を演出したディスプレイをブレンドし<特徴を創造する映画館>として ミニシアター道を邁進していきます。
この新宿という映画の激戦地で気負わず自然体でやっていきたいと思っていますので、応援してください。よろしくお願い致します。

   

■ 住所   東京都新宿区新宿3丁目37−12 新宿NOWAビルB1F

JR新宿駅東南口 GAP並び スターバックス向い

■ お問い合わせ先  03−3352−5645

ホームページ: http://qualite.musashino-k.jp/

ツイッター: https://twitter.com/cinema_qualite

■ 座席数  スクリーン1 : 97席(96席+車イス1席)  

 スクリーン2 : 79席(78席+車イス1席)

■ 入場システム  全席指定(立ち見なし)・各回入替制

ご鑑賞日の2日前より先売りチケット発売

(劇場チケットカウンターにて受付)

※電話・インターネットでのご予約は致しておりません。             

■ 映写設備  両館ともDCP(デジタル)上映と35mmフィルム上映に対応

■ 音響設備  両館ともドルビーSRD 対応

■ 館内設備  ・場内の座席は、パリオペラ座やベルサイユ宮殿などでも使われているフランス・キネット社の椅子を使用。ゆったりとご鑑賞できます。

・ヒーリング・アクアリウム(水槽)常時設置

■ お得なサービス  ・毎週水曜日 レディースデー 女性の方1,000円

・毎月1日 映画サービスデー どなた様でも1,000円

・夫婦50割引 どちらか50歳以上  お一人様1,000円  

デジタルシネマ設備導入について


従来の35mm映写機設備に加え、
今までスクリーンと、スクリーンのみに導入していたデジタル上映設備を ,この12月1日よりスクリーンにも導入、3スクリーンともデジタル上映対応となりました。
今後も、ホームページの作品情報上映中の
作品
上映時間新作ラインナップ)の中に、
DCP(デジタル)上映] [フィルム上映
ブルーレイ上映] [DVD上映]と、
それぞれ分けて表記いたします。


【武蔵野館1】

デジタル映写装置  NEC  NC1200C (DCP・BD再生可)
35mm(フィルム)映写装置  2台  ビクターアークス F-V300AR 
 

【武蔵野館2】

デジタル映写装置  NEC  NC1200C (DCP・BD再生可)
35mm(フィルム)映写装置  1台  ビクターアークス F-V300AR

【武蔵野館3】

デジタル映写装置  NEC NC2000C (DCP・BD再生可)
35mm(フィルム)映写装置  1台  ビクターアークス F-V300AR 

  

遅ればせながらツイッター始めました。

流行の波にかなり乗り遅れましたが、ようやく要望の多かった情報サービス 「Twitter(ツイッター)」 を始めました。

新宿武蔵野館(公式)ツイッターです。

今後はリアルタイムで、旬な情報を提供してきます。

例えば、

・ いま釣ってきました!
上映が決まった作品をいち早くつぶやきます。

・ もうすぐいっぱい!
作品の混雑状況をつぶやきます。

・ あの人に会える!
舞台挨拶などイベントの案内をつぶやきます。

・ お魚が変わったよ!
水槽などロビーのディスプレイについてつぶやきます。

・これはラッキー!
お得なサービス等についてつぶやきます。

…………などなど。

画面右横バナーをクリックして、ぜひフォローしてください。

なお、ツイッター上でのお問い合わせにはご返答しまねますので、
予めご了承ください。

開館90年誌「映画の殿堂 新宿武蔵野館」刊行

「武蔵野館が開館したのは、大正9年(1920年)の初夏、今から90年あまり前のことでした。
まだ武蔵野の面影を残す新宿の町おこしとしてのスタートでした。
新しい映画館が、当時の流行の最先端をいく、
モダンボーイ・モダンガールの憩いの場所となったのはいうまでもありません。
以来、多くの名画が武蔵野館で封切られ、
映画ファンのみなさまに親しまれながら、

新宿の街に文化の灯をともし続けてまいりました。
一世紀近くにわたる歴史を振り返り、
ここに、資料の一端を、映画と一映画館の文化的記録として世に送り出したいと思います。 
武蔵野館が、映画と映画を愛するみなさまとともに、
百年、二百年と生きていくことを心より願いつつ。

 

—— 武蔵野興業株式会社 代表取締役社長 河野義勝 

1920年(大正9年)6月30日午後6時細山喜代松監督作品 『短夜物語』、デル・
ヘンダースン
監督作品 『嫉妬に燃える眼』 でオープン、一昨年、開館90周年を迎
えた当社が、この度 「開館90年誌 映画の殿堂 新宿武蔵野館」 を刊行致しました。
内容は、『オーケストラの少女』 『舞踏会の手帖』 『第三の男』 『禁じられた遊び』『駅馬車』 『ローマの休日』…など武蔵野館銀幕った名画当時ポスター選をはじめ、上映作品紹介独自編集して発行していたモダン小冊子MUSASHINO WEEKLY」や、チラシ新聞広告数々掲載
また、大正・昭和・平成、90年歩み開館当時外観写真と共に、
野口久光さん、梶田章さん、川本三郎さん、岡本みね子さん、根本隆一郎さんたちに“想い出の武蔵野館”をっていただきました。
貴重資料たっぷりの、懐かしさがこみ上がる“映画”の魅力がつまった1冊です。
本書は、劇場3階売店におきまして、好評発売中A4版・126ページ・税込2160円)です。同時に「MUSASHINO WEEKLY」や、昭和3年大入り袋のデザインを
そのまま使用したクリアファイル税込210円)も限定製作いたしました。
どうぞ、この機会に併せてお買い求めください。